事前取材から田楽当日へ 2

水窪と田楽の魅力を知る特別な経験の後、ついにこれまで取材してきた「西浦の田楽」を実際に見る機会がやってきました。

 

当日は万全の体制で臨み、時間を分けて田楽を見たのですが、

まず思ったこと

「あれ、何この日常的な雰囲気」%ef%bc%91

能衆たちは舞い、笛や太鼓を演奏しつつ、ところどころ楽しそうに笑っていたり、火にあたっていたりしていました。

 

極寒の夜に日の出まで舞い続ける…

考えただけで非日常的で異世界な雰囲気で、実際に見て「凄い、異世界な雰囲気」と思うのにどこか日常の光景のようなものが見られるのです。

 

慣れない見学者が眠気と疲労と寒さに襲われる中、生き生きと舞い続ける能衆

その裏にあるのは、祭りを当たり前ととらえる心でした。

 

ついに迎えた終盤、厳かにのぼる太陽の神秘的な雰囲気。

%ef%bc%92

夜だった光景がいつの間にか朝になっている。

時が経てば夜が明けるという当たり前の事実すら神秘的に思えました。

 

自然と舞が一つになり、最後はしずめの儀式で終了した田楽。

見て感じたことは色々ありますが、言葉に表現することが難しく感じられます。

実際に見なければ分からない空気がここにありました。

「興味があったら実際に田楽を見てください」

取材した人々の言っていた言葉に思わず納得しました。

 

事前取材も含め今回までの取材の結果は以下の日程で公開される予定です。

田楽動画:221

浜松鈴鈴特別号:38

 

お楽しみに

 

事前取材から田楽当日へ 1

初めまして

「西浦の田楽PRプロジェクト」記者班の鈴木と申します。

普段はフリーペーパー『浜松鈴鈴』の編集長をしています。

 

私が西浦の田楽を知ったきっかけは1年前の『浜松鈴鈴』。

「夜通し行うとにかく凄い祭り」

祭りの詳しい概要よりも、その時の『浜松鈴鈴』で取り上げられた写真がとにかく大迫力という印象でした。%ef%bc%92

そして携わることになった西浦の田楽PRプロジェクト。

厳格な世襲制・月の出から日の出までの舞・1300年の伝統…

詳細を知れば知るほど何故今年まで続いてきたのか、不思議に感じられるお祭りです。

 

気が付けば全ての取材に足を運んでいました。

点々と見える紅葉から降り積もる雪の季節の移ろいを感じ取りながら、

壮麗な自然、肥沃な地に実った食べ物、悠久の昔から続く祖先を感じる人々の言葉。

水窪にある魅力を一つずつ集めていくような取材は大変でしたが、まるで異世界を旅しているような気分になり、楽しくも感じられました。

 

ところで取材を通して多くの方々が「興味があったら実際に田楽を見てください」と言っていました。

本を調べる、写真を見る、映像を見る、話を聞く

それだけではなく実際に見ることで私たちは何を感じることができるのか気になりました。

%ef%bc%91

記憶力のない私は田楽に関わる固有名詞や舞の順序、具体的な建物の配置図などをなかなか覚えることができませんでしたが、西浦の田楽PRプロジェクトに携わることでこの地に来て味わった特別な感覚はずっと忘れません。

 

西浦の田楽取材後記~西浦に大寒波到来~

画像

こんにちは!杉山岳弘研究室「西浦の田楽プロジェクト」記者班の葉桐です!!

122日に、西浦に取材に行ってきました。同行メンバーは記者班の鈴木、Web班の津曲と西田、杉山先生です。

 

取材の一週間前に大寒波が来ていたため、水窪地域にはまだ雪が残っていました。

 

水窪小学校のプールが凍ってしまうほどの寒さです!!%ef%bc%91

 

この寒さの中、元気な西田と鈴木は雪だるまを作っていました。

%ef%bc%93

そして、完成した雪だるまがこちら!!

 %ef%bc%94

かわいいですね~


西浦の田楽の保存会会長の守屋さんが神主をしている足神神社にも、お参りしに行ってきました。
足神神社へ行く途中の大きな滝を見たら、なんと!!

%ef%bc%92

氷壁ができていました!!

こんなに大きな氷壁を見たのは初めてです。

祭り当日はさらに寒さが厳しく、氷壁ももっと大きくなっていそうです。

西浦の田楽にお越しの方は、防寒対策をしっかりしてきてくださいね!!

 

 

「西浦の田楽2017」 PRサイトオープン!

初めまして!杉山岳弘研究室所属の記者担当、印牧です!

これまで「西浦の田楽」というお祭りを何回か取材してきました。そしてなんと、その祭りの魅力を発信するPRサイト「西浦の田楽2017」が2月6日に公開されました!

西浦の田楽って?

 国の重要無形民俗文化財に指定されている浜松市天竜区水窪町の西浦地域で行われているお祭りで、1300年以上もの間、世襲制と口伝によって引き継がれてきています。能衆と呼ばれる人たちが舞手となり、毎年旧暦1月18日、月の出から翌日の日の出まで西浦観音堂で夜を徹して行われる田楽舞です。

「にしうら」と読んだ方、違います。「にしうれ」ですよ。

PRサイト「西浦の田楽」がすごい!

もう公開されているので、さっそくサイトに飛んでみました。img_0385

▲サイトのトップページ

なんとすごい…もはや学生が作ったとは思えません。トップページの迫力ある祭りの写真、歴史を感じますねぇ。コンテンツの内容はこんな感じ。

  • 祭概要(開催情報・歴史)
  • 登場人物(祭を行う能衆の紹介)
  • 能衆は語る(祭り関係者のへのインタビュー・インタビュー動画)
  • 鑑賞の手引き(見学する際のマナー、ガイド情報)
  • アクセス(祭り会場へのアクセス方法)
  • 特報(PR動画、祭りについての豆知識)

魅力的な情報が満載ですね。そのURLが以下になります。

http://sugilab.net/nishiure_dengaku/

西浦の田楽は今年も2月14日に開催されます。実際に祭りに行かれる方もそうでない方も是非チェックしてみてください!

遠州二俣諏訪神社祭典(二俣まつり)

こんにちは!西尾です。

8月22日、23日に行われた二俣まつりを取材してきました!

二俣まつりとは?

二俣まつりの歴史は古く、最古の記録は天和元年(1681)。少なくとも300年以上の歴史があります。
現在のような屋台が登場したのは、明治の初め頃。
昭和30年には、現在参加している14の組織が出揃ったという記録があります。
例年、御神輿の渡御(とぎょ)と屋台引き回しが行われます。

迫力の屋台引き回しを取材

見学したのは23日。この日は雨が降ったり止んだり、不安定な天気です。
しかし、そんな中でも豪快に屋台の引き回しが行われました。
14連のうち、今年は13連が参加していました。

17:30頃に向かうと、諏訪神社(すわじんじゃ)にはすでに準備の整った屋台13台が集まっていました。これだけでも迫力があります。

DSC09109
▲当日は引き手だけで2000人参加するそうです。

さて、18:00頃、屋台がひとつずつ町内に繰り出していきます。
そこで驚いたのが、屋台を引く速さです。こんなに勢い良く引き回すお祭りを初めて見ました!
まさに駆け抜けるといった速度です!

DSC09208 DSC09237
▲写真もブレて写ってしまいます…!

さらに、屋台を正面に引いていた屋台を「戻せー、戻せー!」と声をあげながら後ろ向きに引き戻す、特有の引き方を見ることができました。これを何度か繰り返し、進んだり戻ったりしながら、町内を回っていきます。

今年の年番町(ねんばんちょう ※今年のお祭りを取り仕切る町のこと)である城南連(じょうなんれん)の皆さんにお話を伺ったところ、細い道の多かったこの地域では、昔、屋台が道を引き返す際には、向きを反対向きに回転してから戻っていたそうです。それがいつしか、そのまま後ろ向きに戻るようになった、とお話ししてくださいました。
この動きは、この地域特有のめずらしいものなんですね。

特徴的なのはそれだけではありません。
二俣と同じような激しい屋台の引き回しが行われる「だんじり」は、プロの引き手が行うのが通常です。しかし、二俣のお祭りは、一般の町民が引き手なのです。
それも、子どもから大人まで、幅広い年代の方が参加しています。

まさに、二俣に育って子どもの頃から体感しているからこそ。これは他の人が真似してできるものではないな、と実感しました。

ちなみに、このお祭りは雨天決行。この時期は雨の降る年も多いそうですが、屋台の引き回しが中止になることは今までになかったそうです。

DSC09295
▲屋台もしっかりとカッパを着ています!

地元に愛されるお祭り

さて、通りを歩いていると、天竜谷島屋書店の2階に「お祭り資料館」の文字を見つけて早速入店しました。
二俣まつりの資料がずらっと並んでいます。
店主の鈴木さんにお話しを伺ったところ、ここはお祭りの時期になると、天竜区のお祭りを愛する方々が展示をしているそうです。
鈴木さん自身も、「毎年お祭りの時期になると、嬉しくて仕方がない。小さい町だからこそ、こうやって団結できる」と、語ってくださいました。
本当に、地元に愛されるお祭りなのですね。

DSC09304 DSC09308

また、天竜区のお祭りの映像を撮り続けている方にお話しを伺いました。
天竜区には文化財登録されているお祭りもたくさんありますが、それだけではなく、屋台の引き回しがとても多いのだそうです。
7月半ば~11月頃まで、毎週のように屋台の出るお祭りが行われると伺いました。

まさに天竜区の文化ですね。

picture_2

二俣まつりをはじめとした天竜のお祭りは、とても賑やかで華やかで、迫力満点です。

一度行ってみたら、きっとまた来年も行きたくなりますよ!

取材に応じてくださいました皆様に、感謝申し上げます。
本当に、ありがとうございました。
少しでも、二俣まつりの素晴らしさが伝われば、幸いです。

文責:西尾

細江神社祇園祭

こんにちは!鈴木です。

7/18、7/19に北区細江町気賀で細江神社祇園祭が開催されました。

私たちは2日目に取材に行ってきました!

 

細江神社祇園祭とは?

細江神社祇園祭は、全国でも珍しい地震の神様を祀る細江神社の祭礼で、例年7月の第3土・日曜日に開催されます。

DSC08598

昔、浜名湖と海が繋がったとされる明応地震の津波によって、浜名湖口にあった御神体が気賀まで流れ着き、人々によって祀られたのが細江神社の始まりとされます。

DSC08553

祭典では、ご神体を乗せた神輿船を先頭に、出引きという色とりどりに飾られた屋台を乗せた伴舟が、奥浜名湖を優雅に渡る姿を見ることができました。

舟上では笛や太鼓のお囃子が奏でられ、楽しげな様子でした。

DSC08504DSC08519 DSC08513

細江町ゆかた祭り

細江神社祇園祭に合わせて、細江町気賀商店街ではゆかた祭りが開催されました。

たくさんの出店が商店街や細江神社境内に並び、多くの人が訪れていました。祭りの名前の通り、ゆかたを着て訪れた人も見かけました。

DSC08543

細江神社祇園祭と細江町ゆかた祭りは、どこか夏を感じる祭りでした。

 

松尾神社例大祭

こんにちは!鈴木です。

6月12~14日の3日間、平成27年松尾神社例大祭が開催されました。

私たちは、13日の大神輿渡御、14日の水掛神輿の渡御を取材しました。

 

1300年の歴史を誇る松尾(まつのお)神社

中区元魚町に鎮座する松尾神社は、大山咋神をはじめ多くの神様が祭られており、正一位という神階を有する大変位の高い神社です。

今から約1300年前、「浜松神社」が現在の浜松城域に創立したのがはじまりで、徳川家康が曳馬城を改築した際、松尾の諸神と合祀して「松尾神社」となりました。

以前は6月15日に行われていた例大祭ですが、近年は6月15日以前の金曜~日曜日の3日間となり、土曜日に本祭りが行なわれます。

DSC07018

大神輿

氏子10ヵ町が集まって大神輿渡御を始めたのは7~8年前と意外にも新しいお祭りです。

今年の大神輿は、10ヵ町合わせて約100名と多くの担ぎ手が集まり、松尾神社の南側の氏子町内を渡御しました。威勢の良い掛け声とともに大神輿の激しい担ぎで町を一つずつ回っていきます。照りつける日差しの中、大神輿が大きく上下に揺れる様は迫力満点でした。

「氏子10ヵ町の法被を着た人なら神輿を担げる!」とのことで、法被をお借りして神輿担ぎに挑戦しました。神輿の端の方を担がせていただきましたが、右肩にずっしり とした重みを感じました。一人抜けるだけで重さが違ったので、一人一人の力がとても大切なんだなと実感しました。

大神輿渡御DSC07056

水掛神輿

水掛神輿は、肴町のお仮屋→肴町→千歳町→伝馬町→平田町→旅籠町→塩町→成子町→東菅原町→西菅原町→元魚町→松尾神社(宮入り)の順番でリレーのように引き継ぎながら氏子10ヵ町を渡御します。町中を回る神輿に向かって地元の方々がその名前の通り水を掛けます。

町中を歩いていると家の前などあちこちに水の入ったバケツを発見しました。また、水鉄砲を手に持つ子どもたちの姿も。

神輿の引き継ぎを行う場所では、特に盛大に水掛けが行われ、水を掛けられる担ぎ手の方も、水を掛ける大人も子どもも楽しそうな姿が見られました。

DSC07156 DSC07202

DSC07208