事前取材から田楽当日へ 2

水窪と田楽の魅力を知る特別な経験の後、ついにこれまで取材してきた「西浦の田楽」を実際に見る機会がやってきました。

 

当日は万全の体制で臨み、時間を分けて田楽を見たのですが、

まず思ったこと

「あれ、何この日常的な雰囲気」%ef%bc%91

能衆たちは舞い、笛や太鼓を演奏しつつ、ところどころ楽しそうに笑っていたり、火にあたっていたりしていました。

 

極寒の夜に日の出まで舞い続ける…

考えただけで非日常的で異世界な雰囲気で、実際に見て「凄い、異世界な雰囲気」と思うのにどこか日常の光景のようなものが見られるのです。

 

慣れない見学者が眠気と疲労と寒さに襲われる中、生き生きと舞い続ける能衆

その裏にあるのは、祭りを当たり前ととらえる心でした。

 

ついに迎えた終盤、厳かにのぼる太陽の神秘的な雰囲気。

%ef%bc%92

夜だった光景がいつの間にか朝になっている。

時が経てば夜が明けるという当たり前の事実すら神秘的に思えました。

 

自然と舞が一つになり、最後はしずめの儀式で終了した田楽。

見て感じたことは色々ありますが、言葉に表現することが難しく感じられます。

実際に見なければ分からない空気がここにありました。

「興味があったら実際に田楽を見てください」

取材した人々の言っていた言葉に思わず納得しました。

 

事前取材も含め今回までの取材の結果は以下の日程で公開される予定です。

田楽動画:221

浜松鈴鈴特別号:38

 

お楽しみに

 

広告

事前取材から田楽当日へ 1

初めまして

「西浦の田楽PRプロジェクト」記者班の鈴木と申します。

普段はフリーペーパー『浜松鈴鈴』の編集長をしています。

 

私が西浦の田楽を知ったきっかけは1年前の『浜松鈴鈴』。

「夜通し行うとにかく凄い祭り」

祭りの詳しい概要よりも、その時の『浜松鈴鈴』で取り上げられた写真がとにかく大迫力という印象でした。%ef%bc%92

そして携わることになった西浦の田楽PRプロジェクト。

厳格な世襲制・月の出から日の出までの舞・1300年の伝統…

詳細を知れば知るほど何故今年まで続いてきたのか、不思議に感じられるお祭りです。

 

気が付けば全ての取材に足を運んでいました。

点々と見える紅葉から降り積もる雪の季節の移ろいを感じ取りながら、

壮麗な自然、肥沃な地に実った食べ物、悠久の昔から続く祖先を感じる人々の言葉。

水窪にある魅力を一つずつ集めていくような取材は大変でしたが、まるで異世界を旅しているような気分になり、楽しくも感じられました。

 

ところで取材を通して多くの方々が「興味があったら実際に田楽を見てください」と言っていました。

本を調べる、写真を見る、映像を見る、話を聞く

それだけではなく実際に見ることで私たちは何を感じることができるのか気になりました。

%ef%bc%91

記憶力のない私は田楽に関わる固有名詞や舞の順序、具体的な建物の配置図などをなかなか覚えることができませんでしたが、西浦の田楽PRプロジェクトに携わることでこの地に来て味わった特別な感覚はずっと忘れません。

 

西浦の田楽取材後記~西浦に大寒波到来~

画像

こんにちは!杉山岳弘研究室「西浦の田楽プロジェクト」記者班の葉桐です!!

122日に、西浦に取材に行ってきました。同行メンバーは記者班の鈴木、Web班の津曲と西田、杉山先生です。

 

取材の一週間前に大寒波が来ていたため、水窪地域にはまだ雪が残っていました。

 

水窪小学校のプールが凍ってしまうほどの寒さです!!%ef%bc%91

 

この寒さの中、元気な西田と鈴木は雪だるまを作っていました。

%ef%bc%93

そして、完成した雪だるまがこちら!!

 %ef%bc%94

かわいいですね~


西浦の田楽の保存会会長の守屋さんが神主をしている足神神社にも、お参りしに行ってきました。
足神神社へ行く途中の大きな滝を見たら、なんと!!

%ef%bc%92

氷壁ができていました!!

こんなに大きな氷壁を見たのは初めてです。

祭り当日はさらに寒さが厳しく、氷壁ももっと大きくなっていそうです。

西浦の田楽にお越しの方は、防寒対策をしっかりしてきてくださいね!!

 

 

「西浦の田楽2017」 PRサイトオープン!

初めまして!杉山岳弘研究室所属の記者担当、印牧です!

これまで「西浦の田楽」というお祭りを何回か取材してきました。そしてなんと、その祭りの魅力を発信するPRサイト「西浦の田楽2017」が2月6日に公開されました!

西浦の田楽って?

 国の重要無形民俗文化財に指定されている浜松市天竜区水窪町の西浦地域で行われているお祭りで、1300年以上もの間、世襲制と口伝によって引き継がれてきています。能衆と呼ばれる人たちが舞手となり、毎年旧暦1月18日、月の出から翌日の日の出まで西浦観音堂で夜を徹して行われる田楽舞です。

「にしうら」と読んだ方、違います。「にしうれ」ですよ。

PRサイト「西浦の田楽」がすごい!

もう公開されているので、さっそくサイトに飛んでみました。img_0385

▲サイトのトップページ

なんとすごい…もはや学生が作ったとは思えません。トップページの迫力ある祭りの写真、歴史を感じますねぇ。コンテンツの内容はこんな感じ。

  • 祭概要(開催情報・歴史)
  • 登場人物(祭を行う能衆の紹介)
  • 能衆は語る(祭り関係者のへのインタビュー・インタビュー動画)
  • 鑑賞の手引き(見学する際のマナー、ガイド情報)
  • アクセス(祭り会場へのアクセス方法)
  • 特報(PR動画、祭りについての豆知識)

魅力的な情報が満載ですね。そのURLが以下になります。

http://sugilab.net/nishiure_dengaku/

西浦の田楽は今年も2月14日に開催されます。実際に祭りに行かれる方もそうでない方も是非チェックしてみてください!